hideki_新規事業におもうこと

日/更新を目的としてしまい、
本来の目的の割合いがひくくなってたので、
改めて新規事業[hideki]についておもうこと。

 

新規事業を検討するとき、
いつも「まだ居場所はないのだ」という言葉が頭に浮かぶ。
誰かに求められて事業をはじめるわけでもなければ、
ここでやってと言われたわけでもない。

誰にも求められてないところから、淡々と事業を考え、
これなら誰かが必要とするかも。という所まで事業を落としこむ。
特定の誰かをイメージし、特定の誰かが使うところを想像する。
その人達がその事業を使ってくれ、必要とし、その集積により新事業は居場所をえる。

 

そして新規事業を通じ、その場を組織としても作りたいと思う。
特定の誰かが必要とする場を作って、気持よく仕事をして頂きたい。

その場において、仕事をしている人達の多くが同じ事を志向してると思うのだけど、
日々手応えを感じれる体制として場を作っていきたい。
僕としては責任者のポジションが多いため結果を出すというのは前提としてあるが、
一番のポイントにおいてるのは、自分が設定した基準をクリアできるか、
その設定したハードルを越えれるかを重要視している。そしてそれが手応えに結びつく。
ありきたりな正論だが自分が最善を尽くしのかどうかは誤魔化すことはできない。
手応えはそこにダイレクトに繋がり、当然ながら設定した基準に達してなければ悔しい。
そんな日々手応えを得るための模索。

そういう体制を、数値以外の部分でも設定した基準をクリアし、それが賞賛されるような体制を組織の場としては作っていきたいと思う。

枯れ木を使って火をつけるのと似てる。
良い木を集めて、うまく風が通るように木を配置して、火をつける。
そしてうまく風が通っているか、都度確認し、配置を少し変えたり、
新たな木を配置し、また風を通す。
それとおなじ。

 

それと同時に今回は、
若い人達の閉塞感をなんとかしたいな。というところから事業を検討した。
社内ではなくパートナーとしての若い人達。
事業を検討するにあたり、一番は顧客をイメージしたのだけど、もうひとつは仕事ではあまり達成感を得れてない人を念頭においてた。
さすがにみんなに場を提供することは出来ないのだけど、
パートナーに対して、何とか日々充実させたいと思う若いおしゃれな人達の場となり、
それなりのフィー(今の仕事にプラスアルファぐらいだろうけど)とみんなから感謝される場を作りたい。
もしそこから独立したりファッション業界にて何かをするのならばフォローはしたい。(いや業界なにも知らないので大きなことは言えないけどw)

 

そしてその場が出来れば、とっとと僕は一線からは退きたいなと思う。
僕はどの角度から考えても。チームプレイに向いた人間ではない。
あくまで自己中心的だし、どこまでも身勝手である。
中学のころから、みんなが部活動に精をだし、汗をかいて、頑張る姿を横目に、
一人で帰路につき、家で遊んでいた。

そもそもスポーツなんかでも戦うことが好きではない、
趣味だったゲームでもそうだけど一対一の戦いになると途端に力が発揮できない。
以前オンラインゲームにて多人数だとそれなりに力を発揮するのだけど、
それが一対一みたいな勝ち負けの局面になると汗ばみ、緊張し力が発揮できない。
これは負けるのがイヤというより勝っても後味が悪い。
この性質は事業においての中長期的では致命的におもう。
相手を完膚なきまでに叩きのめすのが気が引け、手綱が弱まる。まあ、そこまでしなくても
みたいな精神になってくる。

こういう自身のネイチャーを考えると、
自分としては事業を計画する、事業を組み立てる、優秀な人にお願いをする、事業の売上が軌道にのり、社内の体制を強固にする、PDCAが回るようにする。

となったら、チームプレイに向かない俺は離れて、あとはチームプレイが得意な人々にて事業を発展させていくのが良いように思う。俺が入ってると刺激にはなるかもしれないけど、だいたいが場を乱す。
あとはお若い人達で・・・の精神にてゴリゴリ事業を回していきたいなと思う。
そして刺激は必要だし、がっつりと風が入ってない部分に風を通す意味もあり、
燃えやすい木を入れたりと、月に何度かセクション毎に顔を出して話をしていければと思う。

 

ということで、hidekiもそのような想いにて、
場を作っていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。
みなさんにとって、良い場になると良いのだけど。

hidekiのサービスインは9月末を予定。
バタバタしてきました。。。(俺以外が・・・)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。